TOPICS

インスタレーション作品「音鈴 – 信濃」長野県立美術館に出展

「音鈴 – 信濃」を制作、長野県立美術館に出展しました。

於長野県立美術館「新美術館アートプロジェクト ふれてみて」
会期 2021年4月8日~2021年8月15日
https://nagano.art.museum/

IMGL5616

音鈴は風による空間の共有、風による人と人のつながりをつくる楽器
吊るされた25枚の美しいフォルムに織り込まれた短冊デバイスから成るこの作品。鑑賞者が団扇で扇いだ風を受け、短冊は揺れると共にひとつひとつが光りながら美しい音を発し、空間全体を音の粒で包みます。

短冊はそっと揺れると、ひとつだけ鳴り、風からの揺れが大きくなるに従って周囲に伝わり、音が波紋となって広がっていきます。短冊が発する音はウィンドチャイム、鈴、貝殻、水滴、ラトル(植物の種)、グラスハープ、善光寺境内で採取された鳥の声など7種の音色群。いずれも多数の音で一つの音色として認識される音の粒の集合体。

実際に25個の短冊には別々に個々の音がインストールされており、まさに音の点描といえます。時間の経過と共に音色も移ろい、ゆっくりと流れる空間となって鑑賞者同士を癒し続けます。

IMGC4604 IMGC4617
IMGC4611 IMGC4668

音鈴ー信濃
原田智弘+金箱純一
基盤、マイコン、センサ、振動スピーカー、LED
サウンドデザイン:原田智弘(ソラソレ堂)
デバイス設計・制作:金箱淳一
制作協力(プログラミング):中村開

「音鈴」は2018年茅ケ崎美術館に初出展。
第二弾となる「音鈴 – 信濃」ではコンセプトに合わせて改良と設計変更を行い、新たな作品として生まれました。作品展示のご依頼はお気軽にご相談ください。

 

三井不動産新オフィスにハイレゾ自然環境音をインストール

三井不動産新オフィス(日本橋室町三井タワー内)にハイレゾ収録の自然環境音をインストールさせていただきました。ソラソレ堂はフィールドレコーディングをはじめサウンドデザインおよびサウンドシステム・プランニングを担当させていただきました。

mitsui_02@0.5x mitsui_03@0.5x mitsui_04@0.5x

 

「音鈴 On Ring」金箱淳一・原田智弘 共同作品

2019.7.14 – 2019.9.1 茅ケ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館企画展「美術館まで(から)つづく道」 に、作品「音鈴(おんりん)」を制作・出展致しました。
 
感覚特性者とのフィールドワークからインクルーシブデザイン手法によって作品化を生み出すという試みの中、メディアアーティスト金箱 淳一氏と音空間デザイナー原田智弘が、聴覚障害の感覚特性を持つ西岡克浩氏とともに茅ケ崎を歩くなどのフィールドワークの中で感じた「風」にインスピレーションを得て、作品化しました。
作品は天井から吊るされた36枚の短冊型のデバイスで成り、風を受けるたびに心地よい音と光を放ち、揺らめきます。短冊はそれぞれ異なるサウンドを持ち、揺れ方によって音も変わり、まさに音と光の点描を描きます。
 
風が生み出す 音、光、空気の流れ。
 
音鈴はさながら風鈴のように、風を視覚化し、音に変換することですべての来場者に等しく、共に「風」を感じさせる作品となりました。
 
 Photography by Kenji Kagawa
 
 
 
また展示会期中には「音をつみとる」ワークショップを実施。
高性能ハンディレコーダーを使って美術館周辺の音を摘み取って音鈴にインストールするまでを参加者と共同で行いました。
onring_photo_003

いしのこえ × 環境音インスタレーション

ishinokoe_b980茅ヶ崎美術館
特別展示 いしのこえ
2018. 5/20(SUN) – 7/1(SUN)
MATHRAX(久世祥三+坂本茉里子)による作品「いしのこえ」とソラソレ堂がコラボレーション。
作品が展示される空間全体のための環境音サウンドインスタレーション作品を提供しています。

サウンドインスタレーション作品
「TRACE」 by ソラソレ堂

海辺と深海における旅、道、進化と退化、現在と過去の辿り。
長い年月「いし」達が聴いてきた音。

作品「いしのこえ」に使われている石たちが集められた茅ヶ崎の浜辺を24bit / 192kHzの高解像度でサラウンド録音。
浜辺にたどり着いた石たちの目線で感じる波の音で「いしのこえ」を包み込みます。
さらに会場のどこかからは、深い海からの音。
「いしのこえ」が奏でる音と溶け合い、会場全体がひとつの音空間を形成します。

 

Exhibition 絵本 ちょうちょうなんなん出版記念展 サウンドインスタレーション

chouchou_nannan_pnf
絵本 ちょうちょうなんなん 出版記念展
サウンドインスタレーション by ソラソレ堂
会期 2018年4月25日(wed) 〜 2018年4月29日(sun) 11:00〜19:00
Opening 4月25日19:00
会場 EARTH + gallery / 協力: TOKYO RIBBON CO.,LTD.
展示詳細はこちら

井上奈奈氏の新作絵本「ちょうちょうなんなん」出版を記念してスペシャルな展示を行われます。
展示会場では私達ソラソレ堂がサウンドインスタレーションを製作致します。
原画を使った美しいインスタレーションと共に、様々なサウンド手法で絵本の世界を音で表現します。

お誘い合わせのうえぜひお越しください。

サウンドインスタレーション作品概要
音に満ち溢れた絵本の世界を、主人公のちょうちょうを通して描く音世界。
超指向性スピーカーや振動スピーカーと立体音響システムを組み合わせた
サウンドプロジェクション手法(音の投影)によるサウンドインスタレーション。
空を見上げ、足元に耳を澄ませ、左右のカベに耳を当てるなど「触れる音」でちょうちょうのこころを聴く。

絵本 ちょうちょうなんなん 出版記念展
2018年ドイツで開催された「世界で最も美しい本コンクール」にて著作の絵本『くままでのおさらい』で銀賞を受賞し話題となった作家井上奈奈。

美術家としての一面を持つ井上は、独創的な技法を制作に取り入れ、内容や装幀もさることながら、絵本の既成概念を打ち破る作品を発表してきました。展示では、井上の用いる特殊な製作過程で生まれる[a piece of picuture book]を展示・販売。さらに会場にはサウンドインスタレーションにTOMZUIN H (ソラソレ堂)を迎え、会場全体を用いた作品を公開します。

■関連イベント

4月29日(日)  絵本『ちょうちょうなんなん』朗読FREE LIVE開催

元保育士であそびうた作家杉川としひろさんによる『ちょうちょうなんなん』読み聞かせフリーLIVEを開催します。どなたも参加可能ですので気軽にギャラリーに遊びにいらしてください。

○参加費 無料
○START 13:00~ 15:00~ ※ご予約不要

■作家Profile

井上奈奈
美術家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。16歳のとき、単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。

国内外での個展やアートフェアにて作品発表を続け、近年は絵本作品を発表。2017年には著作の絵本『ウラオモテヤマネコ』『くままでのおさらい』の二作品が舞台化。2018年、絵本『くままでのおさらい』特装版がドイツライプツィヒにて開催された『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。

福岡市科学館のサウンド

10月1日にオープンした福岡市科学館。
5階フロアのフューチャーゾーン「サイエンス&クリエイティブラボ」
解説動画コンテンツのサウンドと音楽を担当させていただきました。
日常生活の不思議を、サイエンスとクリエイティブの両方の視点から発想する、がテーマ。
その道のプロフェッショナルがディスプレイに等身大で現れ、わかりやすく解説してくれます。

Fukuoka Kagakukan IMG_9653

 

博多マルイのサウンドデザイン

去る4月21日、博多マルイがオープンしました!
ソラソレ堂では博多マルイの館内サウンドデザイン全般を担当させていただきました。

エントランスのウェルカムサウンド、時間帯で変わる時報、トイレ通路、8カ所の休憩スペース、喫煙室、外壁大型ビジョンのジングルサウンドなど、場所にして17カ所のためのサウンド、音楽をデザイン・制作させていただきました。トラック数(曲数)にして50以上。
これらサウンド・コンテンツには博多・福岡の音、リズム、要素をたくさん盛り込み、地元の日常に馴染み、永く愛されるべく丁寧に作らせていただきました。

博多マルイスペシャルサイト
博多マルイができるまでのストーリーや、
お客さまとの「店づくり・モノづくり」をスペシャルサイトにて公開中!

msc_bnr

MAGICAL SOUND CAMP、OUTDOORDAY JAPAN TOKYO 2016に出展

2016年4月9日・10日、晴天の中代々木公園で開催されたアウトドアデイ・ジャパン東京2016に出展させていただきました。おかげさまでアトラクションは大人気で、2日間で約160名の方に体験していただくことができました。
http://outdoorday.jp/tokyo/

全国の商業施設、イベントへのキャラバン、大募集しておりますので
お気軽にお声をかけてください。