jtp

JAPANESE TAIKO PERCUSSION


buy世界初!和太鼓のソフトウェア音源

感動と迫力の打楽器「和太鼓」がソフト音源として遂に登場!

これほどまでに待ち望まれた音源があったでしょうか。ありそうで存在しなかったもの、日本が誇る伝統打楽器、和太鼓のサウンドが遂にソフトウェア音源ライブラリーとして完成しました。多くの和太鼓演奏チームが存在し、世界中で公演が行われている和太鼓演奏。勇壮なパフォーマンスもさる ことながら、身体を震わす重低音、音圧、ダイナミクス、リズム。その迫力あるサウンドはすでに世界中でポピュラーなものになりつつあります。 「JAPANESE TAIKO PERCUSSION」は和太鼓アンサンブルのパフォーマンスにスポットを当て、入念なプランを元に丁寧に録音し、制作されました。演奏は世界各国で公演 を行っている太鼓演奏チーム「太鼓衆一気」主宰の日野一輝氏(IKKI HINO)。卓越した撥さばき(stick work)から飛び出す音は一音一音が見事です。プロデュースはこれまでにFUEL SERIESなどハイクオリティなサンプリング・ライブラリーを手掛けて来たサウンド・クリエーター/コンポーザーTOMZUIN H。
妥協のない演奏と録音、プログラミングによって、和太鼓の本物の迫力とクオリティをソフトウェア音源化することができました。FXpansion BFD2.1に続きAbleton Live!のSound Packとして2つのプラットフォームにて提供中です。


main windowBFD2 Main Window

BFD2 Mixer windowBFD2 Mixer Window JTP LiveLive Main Window

buy収録楽器

Inst bfd ohdaiko A

大桶胴太鼓(おおおけどうだいこ)BFD kit piece name: Ohdaiko

直径108cmもある巨大な太鼓。
重低音と豊かな倍音を持つ太鼓アンサンブルの顔です。
Inst bfd chudaiko A

長胴太鼓(ながどうだいこ)BFD Kit piece name: Chudaiko

直径60cm、くり抜き胴の代表的な太鼓。表現力豊かでふくよかなサウンド。
日本の民謡、祭、伝統芸能まで幅広く使われるポピュラーな太鼓です。
Inst bfd shimedaiko1 A

附締太鼓1(つけしめだいこ1)BFD Kit piece name: Shimedaiko1

直径40cmのスネアドラムのような太鼓。明るく、鋭く響くサウンド。日本の民謡、祭、伝統芸能まで幅広く使われるポピュラーな太鼓です。太鼓アンサンブルでは複数の締太鼓を組み合わせる事が多く、締太鼓2とペア使えるようになっています。締太鼓2よりも高めのチューニングです。
Inst bfd shimedaiko1 A

附締太鼓2(つけしめだいこ2)BFD Kit piece name: Shimedaiko2

直径40cmのスネアドラムのような太鼓。明るく、鋭く響くサウンド。日本の民謡、祭、伝統芸能まで幅広く使われるポピュラーな太鼓です。締太鼓1とペアで使えるようになっています。締太鼓1よりも低めのチューニングです。
Inst bfd kane A

当り鉦(あたりがね)BFD Kit piece name: Kane

直径10cmの灰皿のような形をしたハンドシンバル。
真鍮製で明るく響きます。左手に持ち、先端に鹿の角がついた撞木(しゅもく)というバチで内側を擦るように複雑に打ち分けます。
inst bfd voice A

かけ声(かけごえ)BFD kit piece name: Taiko Voice

太鼓アンサンブルにおいて重要なかけ声。日野一気氏らの「気合い」が込められています。

buy収録楽器/容量

Ohdaiko: 2.65 GB
Chudaiko: 1.65 GB
Shimedaiko1: 722 MB
Shimedaiko2: 763 MB
Kane: 185 MB
Taiko voice: 49.2 MB
合計: 6.02 GB
※Ableton Live!版ではマイクチャンネルを簡素化しているためデータ容量は小さくなっています。

専用付属 MIDI Groove

アンサンブル・パターン:40 種類
各楽器のソロ・パターン:20 種類

パッケージ版には上記に加えGROOVES for JAPANESE TAIKO PERCUSSIONをバンドル。合計1030パターンに拡張できます。
※Ableton Live!版では各GrooveをMIDIパターンとしてSessionファイル (.als)にまとめて収録されています。


JAPANESE TAIKO PERCUSSION Expansion Pack for BFD2.1 動作環境

(ダウンロード、パッケージ版共通)
Live! Packについて動作環境、操作方法などはAbletonのWebサイトでご確認ください。

*Mac (PowerPC)
    BFD2.1以降
    Mac OS X 10.4以降
    PowerPC G5以降
    RAM空き容量1GB以上(2GB以上を推奨)

*Mac (Intel)
    BFD2.1以降
    Mac OS X 10.4以降
    RAM空き容量1GB以上(2GB以上を推奨)

*Windows
    BFD2.1以降
    Windows XP SP1以降/Vista 32
    Pentium 4以上
    RAM空き容量1GB以上(2GB以上を推奨)


インストールについて

*パッケージ版
製品のインストールにはDVD-ROMドライブ、及びライブラリデータのインストール用に7GB以上のハードディスク空き容量(OS、オーディオ・トラックとは別ボリュームの7200RPM以上のハードディスクを推奨)が必要です。


*ダウンロード版
製品のインストールには高速なブロードバンド・インターネット回線に接続していること、及びライブラリデータのインストール用に14GB以上のハードディスク空き容量(OS、オーディオ・トラックとは別ボリュームの7200RPM以上のハードディスクを推奨)が必要です。


その他、基本的な動作環境はホストアプリケーション、およびBFD2.1に準じます。本製品はBFDにサウンドライブラリを追加する拡張音源集です。BFD2.1本体が無いとご使用頂けません。動作環境は、アップデートにより予告無く変更となる場合があります。

fxpansion logoJAPANESE TAIKO PERCUSSION Expansion pack for BFD2.1、GROOVES for JAPANESE TAIKO PERCUSSIONはFxpansionの協力の元に制作されています。


All trademarks acknowledged. "BFD2" is a trademark of Fxpansion Audio UK Ltd. Mac is a trademark of Apple Computer Inc. Windows is a trademark of Microsoft Corporation. Other trademarks mentioned are held by their respective owners.


IKKI HINO - Performance
tomzuin h - Production

Recording engineer: Atsushi Yamazaki
Assistant engineer: Yoshifumi Yamaguchi
Mixing, BFD programming and MIDI editing by Tomzuin H
Audio editing by Yoshifumi Yamaguchi
MIDI drumming by Ikki Hino
Vocal performances by Ikki Hino and Aiko Itoh

Recorded at GOK SOUND (Tokyo)
Mixed at SONICA STUDIO (Tokyo)

Art work by Noriko Hatakeyama
Photographs by Keita Ikeda
Demo movie and manual design by Yoshifumi Yamaguchi
Marketing & translation by Craig Leonard
Executive producer: Tomohiro Harada


buyFrom the performer (IKKI HINO)


始めにこの話を頂いた時、半信半疑でした。
なぜなら、今までにキチンとした和太鼓のサンプル等聞いた事が無く、打ち込みの機械で多少聴いても、太鼓の音とは程遠い為、正直本当に商品になるのかどうか、私の音がリアルに流れるのか、不安でした。しかし、世界初ということもあり、また自分の経験の為と思い、この話を承諾しました。レコーディングは困難を極めました。同じ力の強さで、しかも単音だけでしっかり余韻を残しつつ何度も何度も叩くのが、これほど大変だったのかと、痛感したのです。しかし、是が非でも良いものを作りたい、世界の人に本当の和太鼓の音を聴いて貰いたいという思いで、ひたすら無心で打ち込んだのを思い出します。

レコーディングから数ヵ月後、ついに音源が完成しました。ドラムのパットで試演奏させてもらいましたが、その音のリアルさに驚きました!小さな音、大きな音は勿論、太鼓音の生命線である残響、タッチの違い、更には右手と左手の僅かな違いまで、克明に表現されているのです。

スピーカーから流れる音を聴きながら、まるで目の前に太鼓があり、それを打っているかの様な臨場感を味わいました。特に圧巻は大太鼓の音でしょう。その音の深さは、どのようなシーンで使われても場を引き締めることと思います。
さらにMIDI Drummingの収録では、最近の和太鼓演奏でよく使われそうなフレーズや、お囃子風、祭り風といったフレーズをも録音しましたので、これらを聴いて貰う事により、日本の文化を音楽を、より感じていただけるのではないでしょうか。

この商品を色々なシーンで役立てて下さることを、期待しております。


pht hino

日野一輝(IKKI HINO)

1977年大阪に生まれる。ジャズドラマーの父の影響で、子供の頃よりスティックを遊び道具にする。
高校時代はマーチング・ブラスバンドに没頭。卒業後入隊した陸上自衛隊で、和太鼓に出会う。作曲、指導、構成、演出を手掛け、各種音楽祭、コンサートなどに活躍する。勤務の傍ら、ボランティアとして地元内外のチームに太鼓の技術を指導、作曲、構成に力を注ぐ。

2002年、より自由な活動の場を求めて「太鼓衆一気」を立ち上げ、本格的な演奏活動を開始。2004年からはソロとしても活動を始め、東京のライブハウスに多数出演。また、コンテンポラリーダンス界のトップ「フォーサイスカンパニー」のショウイングでは即興パフォーマンス、DJ天宮志龍氏とコラボレーション。2007年4月には、シスカンパニー公演「写楽考」(堤真一、高橋克実等出演)の舞台で音楽を担当。今年6月、日本人初、民族を超えた和太鼓の魂の音を響かせるため、単独で東欧に乗り込み、路上ライブ活動を敢行。

http://www.wataiko-ikki.com/index-e.html



From the producer (tomzuin h)


和太鼓は、私が最もライブラリー化すべきだと考えていた物のひとつです。
そのサウンドはとても迫力があり、レコーディング中は感動してばかりでした。

太鼓という楽器の研究からプランニング、膨大なサンプル波形のエディティングと選定、気の遠くなるような作業を経て、今やっと、ここに完成した事、そしてなによりも、このサウンドを皆さんに紹介できる事を嬉しく思います。同時に、JAPANESE TAIKO PERCUSSIONの完成が、私にとって長い旅の始まりに過ぎないことも知りました。なぜなら、皆さんに紹介しなければならない楽器が日本やアジアにはまだまだたくさん存在し、もっと多くの音楽シーンで使われたがっているからです。私はエレクトロ・ミュージックの世界で生きている人間ではありますが、生粋の日本人音楽家であります。
長い歴史の生活の中から生まれた日本の伝統音楽は、そんな私のDNAにもしっかり埋め込まれているようです。
この音を世界中の人達に知って欲しい、知識としてではなく、出来る限り新鮮な状態で。
そしてこれを機に、たくさんの人に本物の楽器に接してもらいたい。それがライブラリー化の最大の目的です。
これからもたくさんの楽器を皆さんに紹介する事になるでしょう。

音楽家の皆さん、続編にもどうかご期待ください。


pht tom

tomzuin h(トムズゥイン・エイチ)

少年時代からアナログ・シンセサイザーに親しみ、作編曲家、キーボーディスト、シンセサイザー・プログラマー、音楽プロデューサーと多彩な顔を持つ。過去にサンプリングCD-ROM『FUEL Series』(iNiS corp.)の企画・プロデュース・プログラミングを担当、世界的にヒットさせるなど古くからサンプリング/サウンド・プログラミングに携わってきた。楽器メーカーの電子楽器開発、コンサルティングにも関わり続けている。

『アーティストとしての顔』
エレクトロ・アーティスト"tomzuin h"として2004年1stアルバム"bird people"を発表。
「恍惚のエレクトロ」のキャッチフレーズどおり官能的、かつシニカルに、人間味溢れるエレクトロニック・サウンドを放つ。都内クラブ、ライブ・ハウスで活動、インパクトある即興演奏を用いたプレイスタイルが特徴的である。
Hoppy Kamiyama、大木彩乃、三上ちさこ、NIRGILIS、COIL、元ちとせ、FAYRAY、ヨーコトリヤベ、リア・ディゾン、アルケミスト、rica tomorl etc.など多岐に渡るアルバム参加・ライブ・サポートでもそのサウンドを聴く事ができる。

http://www.sonica.jp
http://www.myspace.com/tomzuinh








fxpansion logoabletonMediaIntegration