Instruments

究極の尺八ソフトウェア音源 SHAKUHACHIを発売!

2017年8月31日、尺八をソフトウェア音源化した SHAKUHACHI Virtuoso Japanese Series Vol.3を国内・海外同時発売しました。 多彩な奏法や、音を途切れさせずに自由に奏法を変化せることができるキートリガーコネクションや 息音と実音のバランスをコントロールできるブロウコントロールなど、これまで存在しなかったアーキテクチャーを開発導入。 日本の音を取り入れた音楽制作のための強力なツールとなることでしょう。  

. Read More →

KOTO 13 Virtuoso Japanese Series 十三絃箏のソフトウェア音源を発売しました。

2015年9月1日 弊社Sonica Instrumentsよりサンプリングライブラリーの新シリーズ Virtuoso Japanese Series第一弾として、 十三絃箏を完璧なまでに音源化したKOTO 13を開発・発売しました。 http://www.sonica.jp/instruments/index.php/ja/products/koto13 国内の販売代理店は株式会社メディアインテグレーションです。 http://www.minet.jp/brand/sonica/koto-13/ 海外は自社で販売中です。 http://www.sonica.jp/instruments/index.php/en/products/koto13

. Read More →

KABUKI & NOH PERCUSSION – 歌舞伎と能の打楽器 -リリース予定

お知らせ KABUKi & NOH PERCUSSION -歌舞伎と能の打楽器- 開発情報をSonica Instrumentsサイトにて発表させていただきました。 (以下抜粋) KABUKI & NOH PERCUSSION -歌舞伎と能の打楽器- 日本の伝統芸能、歌舞伎と能に使われるあの音が、ついにソフトウェア音源として登場します。 現在プログラミングは終盤。年内には音楽家の皆様にお届けできるでしょう。 詳しくはSonica Instrumentsサイトでどうぞ。 約50種もおよぶ歌舞伎と能に使われる打楽器をソフト音源に 能の囃子(音楽)になくてはならない小鼓、大鼓、締太鼓、そして能管、かけ声(ヤ声、ハ声)。 大太鼓、大拍子、桶胴、豆太鼓、団扇太鼓、当り鉦、コンチキ、双盤、駅路、オルゴール、本釣鐘、銅鑼、木魚など歌舞伎の舞台を盛り上げるのに欠かせない鳴り物(打楽器)の他、迫力ある演技を盛り上げる足拍子や附け打ちなど約50種の貴重な楽器を収録しました。 演奏は邦楽打楽器演奏家 望月太喜之丞氏。多彩な表現力と精密な楽器コントロールによる瑞々しい打ち音を奏でています。  

. Read More →

映画 Avatarに弊社音源が使われています。

映画Avatarのサウンドトラック制作にSonica Instruments "JAPANESE TAIKO PERCUSSION"が使われています。 http://www.youtube.com/watch?v=tbls_lUNi30

. Read More →