Sound Technology & Engineering

長年関わり続けてきた電子楽器メーカー様の開発楽器コンサルーション、サウンド開発において培われてきた技術とノウハウの他、独自に蓄積し続けた楽器のサンプリングにおける発音ビヘービュア(音の振舞い)の研究、精密な波形エディティング技術を生かして新たな音の価値を提案します。

Sonica Instrumentsプロダクトはその提案のひとつ。楽器が持つ繊細な音をマイクロフォンで忠実に集音することから始まり、虚飾の無い、かつ音楽的な音質調整を経て波形マテリアル化、さらにソフトシンセサイザー・エンジンへの実装、楽器としてのリアルなレスポンスを追求するプログラミングを経てひとつのソフト音源になり得ます。

また平行してリアルな演奏を再現するMIDIプログラミングも重要であり、ソフト音源と演奏データ(MIDIデータなど)を組み合わせることで音楽的な価値を持った楽器をユーザーに提案できるのです。

一方では非現実的な音や空想的な楽器を作り出すことも得意とします。これらは現実にある音の加工から生まれる場合もあれば、例えばシンセサイザーもそうですが、全くの無音から様々なシンセシス(音声合成)によって生み出すこともあります。これらの魅力的な音は音楽にはもちろん、家電機器の起動音や画面に触れた時に鳴るボタン音など、生活の中に使うこともできます。さらに広げると、何もない室内に架空の空間を作ったり、騒々しい都会の空間に清涼感を与えることもできます。

一見両者とも異質なものを作っているように見えますが、根底にある考え・手法は同じです。

いずれも適切な解像度での音声処理をベースにして、目的はサウンドをいかに捉え、具現化するかということです。

そして音響学や理論上のデータに頼りすぎないこと。

「どんな音がよいのか」想像するときに「なぜそのような音がするのか」「なぜそう聴こえるのか」を知ろうとすれば表現力は一段と高まるはずです。とりわけ楽器には音を知るためのヒントがたくさん隠されています。

それが故に私達は最終的なクオリティの判断はいかに音楽的であるかということを重視しています。

これらのノウハウは楽器開発の他、サウンドスケープ分野へも応用できます。

「ソラソレ堂」サウンドプロジェクションと音サイネージ

 音でこころをつたえるしごと。

シンギング・ピクチャークロス、フラットオーディオパネルなど新しい技術を応用し「音を見せる」「音で伝える」”音サイネージ”
公共空間、水族館、博物館などに音を投影して空間を演出する”サウンドプロジェクション”をこの度事業化しました。
広告、ブランディング、インフォメーション、誘導、リラクゼーション、集客効果、注意喚起などあらゆる場面において「音」は力を発揮します。
ソラソレ堂では例えばYAMAHA TLFスピーカなどのサウンドサイネージ商品の用途提案とともに”最も重要な”サウンドコンテンツを自社で制作、シーンに最適な音コンテンツを提供できます。

ソラソレ堂ページへ

キーワード:

「音環境」「音メッセージ」「音風景」「環境音」「新しい拡声」
場所、設備、そこにいる人のためのサウンドコンテンツ開発

  • ショッピングモール、商業施設(屋外・屋内)、イベント会場
    テーマ・サウンドカラー(差別化、ブランディング)、
    順路案内、エリア案内、エントランス、食堂、休憩ロビー、駐車場など
  • 駅、空港、バス停
    順路案内、エリア案内、エントランス、食堂、休憩ロビーなど
  • 水族館・プラネタリウム・美術館
  • 遊園地などアミューズメント施設
  • 公共施設:図書館エントランス送迎音、館内ナビゲーション、会議室
  • 福祉施設、医療施設、学校:食堂・ロビーなど音声案内、チャイム、BGM
  • オフィスビル:エントランス、休憩室、社員食堂、来客ロビー、会議室
  • システムサウンド
    車、家電、ゲーム機、玩具などのハードウェアからソフトウェアのシステム音、起動音。
    操作を快適にする音、生活を快適にする音、高級感ある音などを提案します。

新しい楽器開発分野

ソフトウェアベースの新しい楽器
シンセサイザー、電子ピアノなどの電子楽器の内蔵音源

Sound Technology & Engineering

We offer our clients new value in sound by tapping into our precision waveform editing technology, our research into sound behavior as part of original instrument sampling work, and our extensive technological expertise and know-how accumulated over years of sound consulting and development for electronic instrument manufacturers.A prime example of how we apply our sound technology and engineering is our line of Sonica Instruments products. These sample-based instruments are the result of a meticulous process that begins with faithfully collecting every subtle sound of an instrument with banks of microphones. The captured raw audio data are massaged musically, but free of any affectation, to form the basic waveforms. The waveforms are then formatted for the target software synthesizer or engine and finally programmed to respond just like a real instrument. MIDI programming is also essential for realistic reproduction of the instrument in performance. Only after integrating the sound library and performance data (in MIDI or other formats) can we offer a software instrument that has true musical value.

At the same time, we specialize in creating completely unworldly sounds and imaginary instruments. These are created either by manipulating real-world sound sources or by synthesizing sounds digitally. Besides their use in music, these captivating sounds can be used in living environments as home appliance control tones or audible feedback for screen touches and gestures. On a broader scale, these sounds can dream up imaginary spaces in empty rooms or help you chill out in a noisy city.

While software instruments and artificial soundscapes may seem like completely different applications, the underlying concepts and techniques are the same. Every application is based on high-resolution sound synthesis, and the common goal is how sound is perceived and realized.

Fundamental to this work is avoiding overreliance on acoustical or theoretical data. When searching for a good sound for a particular application, asking yourself “Why does this particular sound occur?” or “Why can I hear that particular sound?” is the way to elevating your creative ability in expressing sounds. Suffice to say, musical instruments, themselves, contain thousands of clues for understanding sound. Consequently, we judge the final quality of a sound by how musical it is.

Our expertise is equally applicable to instrument development and soundscape development.

 

Custom instrument development

Custom software-based instruments
Built-in sound sources for synthesizers, electric pianos, and other electronic instruments

Soundscape development:

Soundscapes are also known as environmental sounds or sound environments.
We develop sound content for specific places, buildings, and the people who live and work these environments.

 

  • Shopping malls, commercial spaces (indoor and outdoor), event sites
    Thematic and sound coloration (for differentiation or branding purposes)
    Route guidance, area guidance, entrances, food courts, rest areas, parking lots, etc.
  • Office buildings
    Entrances, rest areas, company cafeterias, waiting lobbies, etc.
  • Art galleries and libraries
    Greeting and departure sounds at entrances/exits, gallery guidance, rest areas, vending machine lobbies
  • Welfare facilities, medical institutions, schools
    Cafeterias, lobbies, audio assistance, chimes, background music
  • Train stations, airports, bus terminals
    Route guidance, area guidance, entrances, food courts, rest areas, etc.
  • System sounds
    Software-based system sounds and control tones for automobiles, household appliances, game consoles, toys, and other hardware. The sounds we provide make devices easier to use, make interiors more comfortable to live in, and add prestige to products.